両うどんのヘラブナ釣り

ヘラブナ釣りで人生を楽しんでいる日曜釣り師です

常時50枚の釣果と大助を釣り上げるために

 ヘラブナ釣り 底釣りで上ずった場合の対処

 いつもいつも両うどんの底釣りをしていると感じるのですが、調子よく当たりが出るときはなにも苦労することなく、ポンポンと釣り上げる事が出来るのですが、いったん当たりが出なくなったり遠い状態に陥ると、なぜかとても当たりを出すこと自体が難しくなってしまいます。これはいったいどうした事なんでしょう。


 基本的にうどん餌の場合は、集魚材としてまぶし粉を附着させ、最終的にはうどんを食わせることで釣り上げる事が出来ます。この点については全く異論を挟む余地はないのですが、同じようにしていて当たりが出る場合と出ない場合があります。


 当たりが出ている間は快調に釣り上げられていますので、特に何かを考える必要もなく、コレといった対策を取ることもないのですが、餌を打てども打てども当たりが出ない日があります。勿論厳寒期はそれが当たり前ですからそれでいいのですが、水温が15度を超えるような春めいてきたときに、そんな現象が現れる傾向が強くなります。


 これがまた一気に20度を超え出すと、湧きすぎてうどん餌だとしても底まで保たないこともあり、また別の問題が発生しますが、早咲きの桜がちらほら咲き出しヘラブナが抱卵していると、集まれど食い当たりが出ない現象が現れます。


 集魚材の効果が現れているのでヘラブナの集まりはとても良いのですが、それでもなかなか食い当たりに繋がらないのです。


 それこそうどんを餌として認識できてないのではとさえ思ってしまいますが、こんな時も何かスイッチがはいったかのように、突如食い当たりが連発するのですから訳がわかりません。


 ある程度の食い気が旺盛になっているにも拘わらず、底にあるうどんを食わない状態ですが、一番に考える事としては上ずり現象です。ヘラブナの習性だと思うのですが、餌があるといち早く食いたくなるのでしょうか、餌のある上へ上へと意識が向かい、底にあるうどんに興味を持たないと思えるのです。


 そのため浮きを見ていると触りがいつまでも続いているのです。ただその触りも餌に対する触りではなくて、単なる糸スレによる浮きの動きに違いないと思うのです。そのため当たりがあり素針を引いても、上層にいるヘラブナにスレ掛かりしてしまう事があります。


 イメージとしては底から30㎝程度上ずっていると感じます。この30㎝の上ずりっているヘラブナの意識をどのようにして底に向けるのかです。


 簡単にはまぶし粉の付着力を上げて、まぶし粉を剥がれないようにして底までまぶし粉を持ち込む事です。


 ただまぶし粉が簡単に剥がれないので、食い当たりは遠くなってしまいます。それこそなかなか剥がれない状態が続くと、底にある餌に興味を持たせるどころか、どこかに移動してしまうようになり、余計に当たりがとお役なる事も多々あります。


 さぁ困りました。どうすれば散らさず底の餌に興味を持たせることが出来るのか。


 私の出した結論は、うどんの片面にだけまぶし粉を着ける方法です。ヘラブナがうどん路を食うには、まぶし粉が剥がれている必要があります。多数附着させていると剥がれるのにも時間が掛かってしまいますので、早く剥がれるために附着量を減らす方法です。


 実はこれでいとも簡単に食い当たりを出すことも出来たのですが、それがいつも成功するとは限らないのです。それは集魚効果の出方や食い気が旺盛かどうかなど、その日のコンディションにもよるところも多いでしょう。


 もう一つの方法は、上針のうどんにだけまぶし粉を着けて、下針のうどんには何も着けない方法です。この方法も案外早く当たりが出るので、良く使っている方法です。


 そして上ずっているかどうかの確認方法ですが、実は誘いを掛けるのが一番簡単に解ります。誘いが有効に効くのは、ヘラブナが餌その近くにいて底の餌に興味を持っている時です。その状態の時にホンの少し餌が動くことで即食いするのではと思うのです。何度も何度も誘いを掛けても反応が出ないのは、底に対する興味がないからと考えられます。つまりヘラブナの興味は少し上を向いているがために、底の餌にいくら誘いを掛けても効果がないと思うのです。


 もし上ずっていることが確定すると、底に誘導すれば良いというものですが、元々水温がやや高くて活発に動き出したいますので、そうは簡単に底への誘導はできません。そこでとる手段は、尺数の変更をすることです。


 ただ集魚効果が出ていますので、後ろ髪が引かれてなかなか尺数の変更は出来ませんが、尺数を極端に変更することで、始めから寄せ直しが出来ます。上ずるほど集魚効果がでやすいのですから、尺数を変更しても直ぐに反応があり、最初は上ずりませんので簡単に当たりを出す事が出来るのです。ただ気をつけないとまた上ずってしまいます。


 私の取る方法は、最初は長めの竿を使います。例えば15尺を使うとしますと次は一気に9尺や8尺に変更します。15尺で集めたヘラブナとは違うグループを対象とするのです。それが15尺から13尺程度であれば、15尺で集めたヘラブナがそのまま13尺のポイントに移動するだけですから、上ずりを減らすことが出来ません。


 仮に15尺から8尺にして次は13尺とかに変更することで、その度に当たりが出す事が出来て、最初の尺数で釣り続けるより結果として枚数が稼げる事になります。


 なかなか面倒なことではありますが、尺数の変更は価値があると思っていますが如何でしょう。

 ヘラブナ釣り 大助狙いは数釣り厳禁?

 最近特に思うのですが、どうも下手くそになって行くような気がしています。それもなぜか当たりが出せなくて苦労するのです。これはいったいどうした事なんでしょうね。


 待ちの釣りは苦手ですから基本攻めの釣りをしています。当たりが出るまで待てないんです。性格で済ますのは簡単なことですが、どうして待てなくなってしまったのでしょうね。想像するに過去には頻繁に当たりを出す事が出来て、釣果もそれなりに良かったのですが・・・歳ですかねぇ。


 ところで私たちの会では数釣り競争ではなくてサイズ競争をしています。そのため腕の差がとても出難くて、初心者でも優勝する可能性は高くて、誰でも参加さえすると優勝出来る可能性があります。勿論数釣ったほうが良いサイズが釣れる可能性は高いのですが、実際は数釣りをするとサイズがなかなか恵まれないんです。


 どうしても寄せに寄せてしまうと、小型ばかりが寄りだしてしまい、良いサイズが出なくなってしまうと考えたことがあります。


 実は最近になって下手くそになったのか、数が釣れなくなっているのです。それと比例したかのように良いサイズが釣れることも増えてきたのです。やはり寄せすぎの弊害があるのかもと思うのです。


 実はもう一つの統計で・・・というほど正確に計ってはいませんが、釣り始めに大助サイズが出ることが多く、途中や終盤に書けて大助が釣れる確率は低くなっています。そのためか1投目や2投目に大助が釣れることが増えたのです。これもまた小型サイズが集まるまでに釣れるということでしょうか。


 そのため大会などでも1枚目に大助が釣れてくるなんてことも起きています。私たちの会では1枚目は強制登録をしますので、1枚目のサイズがとても重要になりますので、中には釣り始めを遅らせるような工夫をされたりします。


 ところで私はというとこのところ集魚効果が上手く出せていませんので、良いサイズが釣れる確率が増えているのです。コレは喜ぶべきが嘆くべきか難しいのですが、あくまでも結果オーライであって、釣果が減ることは楽しくないんですよねぇ。


 そうそう最近気がついたのですが、大助には硬調子が良いと思込んでいたのです。確かに硬調子の竿の方が、大助でも溜が効いて主導権が握りやすいのですが、このところ軽量竿を使う事が増えているので、当然軽量竿で大助が釣れる確率が高くなっています。先日もHERA Sで大助が普通に釣り上げる事が出来ましたし、月影でも50㎝級を伸されることなく釣り上げる事が出来たのです。


 大助用にとHERA Vを手に入れたのですが、わたしには使いこなせずに全て手放してしまいましたが、HERA Xも16尺や17尺は重くて使うこなせずに15尺までを持っていましたが、15尺すら重く感じて使いこなせなくなってきています。
 実質硬調子の竿は13尺以下とも思うのですが、紅月は先が軽く仕上がっていますので、硬調子でもまだ使いこなせて、12尺を用意したのですがどうも必要ないかと思うようになっています。


 硬調子の重い竿よりは、軽量系の竿で軽やかに使いこなせるほうが、小当たりも掛け合わせやすくて良いかと思うのです。ただこのところその小当たりも出せてなくて・・・(T-T)


 釣果が悪いと大助の確率が増えていると・・・勘違いかなぁ・・・う~ん。。。


 でも我が天釣会の大西王位は大助を良く釣るんですよねぇ。さすがに年間チャンピオンを4回も取られているだけのことはあります。

 ヘラブナ釣り そろそろ日焼け止め対策を

 私は日に焼けることが嫌というよりも、日焼けした後の火照りが嫌いですから、日焼け止めをするようにしているのですが、当然暑さ対策にも繋がりますので、昨今の猛暑に適応した事でもあります。


 ある時期にUVカットは白より黒が良いとの情報が流れ、女性陣が持つ日傘も黒ばかりになってしまいました。比例して顔面を覆う日除けも使われるようになり、鉄仮面の様相を呈していますが、人に見られる意識はいったいどうなってしまったのでしょう。


 元々ファッションや化粧をするのも見られる意識からのはずです。少しでも身ぎれいでファッショナブル、そして美人に見えるようにと願ったもののはずです。ところが鉄仮面や日除けの黒ずくめの衣装を見ていると、とてもファッショナブルとは言い難く、それこそ滑稽であるとも指摘できそうですが、日常の日焼け対策をするときには、人から見られる意識はなくしているのでしょうか。


 となると色白で美人な姿はいったい誰に見せるのでしょう。多分亭主には化粧を落とした顔であり、ラフなホームウエアーに着替えた姿になっているでしょうから、決して亭主に見せるための日焼け対策ではないはずです。不思議な光景だと思えてしまうのですが・・・。
 今ではよそ行きの服との表現は無いのでしょうか。晴れ姿はいつ見せるのでしょう・・。


 そんな黒ずくめがUV対策には良いとの情報から、世の亭主達も奥方から黒を着るようにと勧められているようで、黒いTシャツや黒いマスクをしている方がいるのですが、世の奥様はカンカン照りの屋外に長時間居ることが想定できてないのです。


 確かに白色は紫外線を通してしまいます。黒色の方が確実に遮断するのですが、赤外線を吸収してしまうのでとんでもなく暑くなります。反対に白色は外線は通しますが、赤外線を反射しますのでとても涼しいのです。


 釣り場に適している服装は、白色であることが絶対条件ですが、UVカット機能のある繊維で作られているものを着るのが正解です。単純にUVカット昨日の内服でも、直射日光を防ぐ方が良くて、半袖や半ズボンは涼しく見えても日焼けをしてしまい、帰宅してからが大変になってしまいます。


 なかなか奥方に逆らうことは出来ないでしょうが、それこそ昔着ていたワイシャツを着る方が良いのです。私の場合は基本白ずくめです。UVカット機能と接触冷感機能のある半袖のポロシャツとアームカバー、そして綿のチノパンで白いソックスにクロックスのサンダルです。真夏になるとこの上に充電式のファンベストを着用しています。


 少し前までは扇風機を持ち込んでいたのですが、やはりファンベストが一番快適に過ごせて、暑さ対策には最適だと思っています。


 それがお年寄りがその対策をされないのです。予算の関係とばかりはいえないと思うのですが、熱さの感じ方が違うのかも知れません。しかし現実にはとんでもなく暑いのですから、熱中症に陥る可能性が高くなります。もしそこまでの暑さ対策は必要ないと思っている方は、熱中症と隣り合わせにいることを自覚すべきだろうと思います。


 勿論水分補給も必要ですが、必要以上に塩分を取らないことも重要で、身体的には塩分の取りすぎは危険です。血圧だけでなく腎臓にも悪影響を与えてしまいます。特に腎臓機能は一度落ちると回復することが出来ないのです。


 塩飴ていどならまだいいのかも知れませんが、積極的な塩分を取るほど汗はかかないのです。それこそ高炉で働いている方や激しいスポーツをする方、とんでもなく汗をかく人には多くとる必要があるのですが、パラソルを出して日焼け対策が出来ていると、スポーツドリンクを飲む程度でも良いはずです。出来ればかかり付け医と相談して、どの程度の水分と塩分を取って良いのか確認することです。


 1日2リットルの水分を取るようにとも言われていますが、平時では1日2.5リットルの水分量を排出しています。食事からは1.2リットル、代謝から0.3リットル得られていますので、あと1リットルは摂取する必要がありますが、釣り場などではもっと排出してしまいますので、1リットル程度では少ないので、ペットボトル2本程度では少ないって事です。


 出来れば2リットルのお茶か水のペットボトルを持参して、小まめに飲むことで熱中症の軽減がハガレと思います。勿論余りにも暑い日には釣りを中断して、涼しい車内に避難するのも方法です。


 我が身の変化はなかなか自覚しにくいので、小まめな休憩と水を飲むようにして、身体を休めてヘラブナ釣りを楽しむようにしましょう。

 ヘラブナ釣り 仕掛け糸の話

 釣り糸の最大メーカーはなんと言っても東レでしょうか。1941年に東洋レーヨン(現東レ)が開発したのですが、それ以前の1935年にアメリカのデュポン社が開発したナイロンがあります。


 同じナイロンですが、厳密には東レはナイロン6でデュポンはナイロン66です。この違いは原料の違いですが、現在旭化成がアジアで唯一ナイロン66を一貫生産しています。


 66と6の違いは、耐熱性や吸水性に違いがあり、66は耐熱性が高く吸水性が低いのに対して、6は吸水性が高いために乱色に優れています。
 東レはその後ナイロン510を開発することで耐熱性の高い製品を継ぐ出しています。


 これらのナイロン製品から釣り糸が作られるようになるのですが、それ製品を手がけたのがフジノラインです。

 現在の東レの製品は内メロンのアラミンという素材で出来ています。

 この東レの道糸やハリスには性質分けされていて、使用目的に合った製品を選ぶことが出来ます。


 そしてこの表が役立つと思うのです。先ずは道糸で左に行くほど硬く、右に行くほどしなやかさを意味していて、強度も上に行くほど高いことになります。

 ハリスについても同様です。強度不足がどの程度あるか解りませんが、低価格なほど強度が足らない事を意味するのですが、少し太い号数を選ぶ事で補えるのではと思ったりします。

 反対に言うと高価格帯の1号と低価格帯の1号はどの程度弱いのかは解りません。仮に低価格帯の1号は高価格帯の0.8号程度の強度だとすると、高価格帯の方が1段細い糸が使える事になるのですが、実質的には信頼度の差とみるべきでしょう。


 となると日常的な釣行ではスタンダードタイプで良く、大会などラインが切れると困るシュチエーションでは、高価格帯の製品を選ぶ方が良いのではと思えてきます。ただ道糸に関しては特許技術である寸法安定性のある道糸を使う事で、棚ボケを防ぐ事が出来ます。


 なんて書いていますが、実質私はもっと低価格な仕掛け糸で大会に参加していますが、今のところラインブレークは起きてないので、小市民な私としてはなかなかてがだない製品ではあります。

 岩田池 釣行記 5月19日(日) またまた爆釣

 昨日に引き続いて岩田池です。
 雨予報でしたので雨に濡れると溶ける人たちは、北桟橋に避難しています。


 雨では溶けなずに大助狙いをする人たちは南と中桟橋です。左端に天敵松本さんが遅れて入る事に。また右端に入ったのが茶園さんですが、今日は大助を爆釣さけれていました。


 平均的に良いサイズが釣れる池ですが、その中に大助も多数混ざり時には50㎝級も珍しくない、超大型が釣れる池として人気があります。
 ただ余り人気が出すぎますと予約が困難になりますので、程々に賑わってくれると池も存続してくれると思うのですが、釣り人の勝手ばかり言っていられないですよね。


 しかし釣り人なんて身勝手なもので、釣れないとなると定期的に訪問していた池から足が遠のいてしまいます。釣れないのは池に問題があるばかりではなくて、釣り人側の工夫の仕方も要因としてはあります。それこそ昔の名前で出ていますではないですが、過去の釣り方に対して疑問を抱かず、昔からコレで釣れていたからと、釣り方を変えないでいると取り残されて、最近は釣れなくなったと嘆くことになってしまいます。


 当然良く釣れるはずの池でも釣れないことはあるのですから、そのときに何をするかです。とは言うものの昨日は48枚の釣果と43.5㎝の大助が釣れたのですが、今日は33枚と撃沈し大助の姿を見ることが出来ませんでした。


 ただやはり釣る人は釣るもので、菱田規定委員長は50枚を超える釣果をあげられていた様子です。また大助といえばこの人で大西王位で43㎝釣り上げ今日の1位でした。


 2位は茶園さんで確か41㎝だったと思いますが、他にも大助2枚でしたので、合計3枚の大助を釣り上げられていたことになります。雨の中で南桟橋に入られた甲斐があったというところでしょうか。
 肝心の41㎝の写真はなしで他の2枚だけです。


 また同じ南桟橋に入って大助を釣り上げていたのがレスキュー福谷さんで40㎝でした。


 これらの大助以外に何枚も大助が上がっていましたので、10枚程度上がっていた様子です。


 今日はとても集魚効果が高くて、餌打ちを間違うと簡単に上ずってしまいます。そこで出来るだけ押さえようとしていたのですが、集魚効果が出すぎてしまって浮きの上下動が止まらなくなってしまいました。
 目先を変えるためにまぶし粉を変えてみたり付着量の調整をしたのですが、改善することなく終了となりました。実際雨の日でしたので竿の交換も面倒で、何をするにもついつい面倒が先に出て、小手先の工夫をするだけで終わってしまいました。雨だからと横着なことをしていてはダメって事ですね。


 でも、空合わせが続くと嫌になってきます。手首を痛めないように気をつけていたのですが、今のところ大丈夫なようですが、実は手根管症候群を患ったことがあります。その頃は17尺を多用していたことも原因だと思いますが、今回は13尺でしたからそれほどの負担が感じなくて良かったです。
 実際歳も歳ですから無理は禁物ですから、もう長竿は軽量のHERA RやFの16尺までに留めていますが、多用するのは15尺以下になっています。


 そうそう隣の紅も集魚効果が出すぎていたようで、リャンコで釣り上げていましたが、竹藤副会長や前川さんもリャンコで釣り上げていたようです。
 これは紅のリャンコですが、両方とも口に針掛かりしていました。