両うどんのヘラブナ釣り  天釣会のブログ

京都「淀の釣り天狗池」のヘラブナ釣り愛好会

京都 淀の釣り天狗池

 冬期の浮き選び

 ここのところ仕掛けの違いを実感する日々が続いています。特に浮きの違いが鮮明に出ているように感じるのですが、単なる思い込みなのか浮きの性格によるものか果たしてどうなんでしょう。


 先ず浮きについて少し考えてみたいのですが、根本的なところで理解が出来てない部分があります。
 物理の法則でアルキメデスの原理は良く知られている原理の1つですが、浮きはまさにそのアルキメデスの原理によって構成されているのです。
 おさらいとしてアルキメデスの原理とは、静止している物体の重力と等しい流体(水)が押しのけられる。つまり押しのけられた水と等しい事になっています。
 浮きでいうところの浮力は、水を押しのける重力に比例することになります。
 重力は地球の引力によってもたらせるので、宇宙空間に存在する場合は、地球上でどんなに重力があろうとも重力としてのエネルギーは存在しません。


 さて浮きに掛かる重力は、計りによって計測することは出来るのですが、素人的ものの考えでいえば、パイプトップの方が重量は軽いにもかかわらず、水を押しのける量は多くなるのは何故かとなります。
 ここに物体の質量を入れて計算する必要が出てくることになります。


 水の密度×物体の水没部分の体積×重力加速度=浮力


 ここで算出された数値が浮きの浮力となりますが、オモリで調整した部分が水没している部分であり、それが毎回違っていますので浮力は毎回違っています


 考え方の説明であり実際の釣りに於いて計算しても何の意味もありませんから計算はしなくて良いのです(笑)


 パイプトップとムクトップ、または胴の太さや長さなどの体積が大きいほど、流体(水)を押しのける量が増えることになるのですが、重量は軽いですが排水量は増えてしまうことになります。
 その量が多いほど浮力がある事になりますので、パイプトップ系の浮きの方が相対的に浮力があると考えることが出来ます。
 この微妙な浮力が、浮きの調整で何目盛り水上に出すかの調整としてオモリを1ミリ単位でカットして調整をすることとなり、その時のカット量を経験的に感じていると思いますが、1目盛り上げるための調整として、ムクトップよりパイプトップの方がオモリのカット量が多いはずです。それこそが浮力の差であるのです。


  ムクトップよりパイプトップの方が仮に同じサイズの浮きの形状だとすると、1目盛りの浮力はパイプトップの方が多いのが前提となりますので、水面上に出ている目盛りの数に比例して、浮きに残っている浮力が多い事になります。つまり5目盛りより1目盛りの方が浮力が少ない事になります。


 浮きへの変化は、ヘラブナの吸い込む力によるものですから、残っている浮力以上にヘラブナが吸い込まなければ、当たりとして浮きへの変化(力の伝達)が出来ないことになりますので、水面上に出ているトップの量が多いほど、浮力が高いのですから感度が悪いことになります。


 パイプトップであれば、浮力を極力なくしてしまうことでムクトップと同じように感度を上げることが可能ですが、それは釣り方にも影響しますので、自分の釣りスタイルがトップを多く出しているのは少なくても成り立つのかで違ってきます。
 それであればどんなに調整をしようとも浮きに残っている浮力は、浮きの材質などの特性に寄りますので、浮きをさっさと交換した方が早いことになります。


 但しここでもう一つ考える必要があるのは、感度が良すぎる浮きは食い当たりの判別が難しいことです。


 感度が良すぎる浮きは、どんなに些細な水流かスレか食いかわかりませんが、浮きへの変化として現れてしまいますので、本当たりを見定める目があれば良いのですが、私のような判断が出来ない釣り人にとっては、ついつい合わせを多くして場合によってはスレをかいてしまい、せっかく寄ったヘラ分を散らせる事に繋がります。


 よくカラツンの場合、浮き下を長くしてズラシを多くしていきますが、あれこそ感度を鈍くして本当たりを見定める方法であるわけですから、感度が良い=良く釣れるではない事になります。


 太いパイプトップを使用することで、当たりの視認性を高めると同時にややこしい当たりを消して本当たりを出す事が出来ますので、繊細さはなくても感度の良い浮きとの表現も出来るかも知れません。


 ただ、冬期の動きが現れにくい状況の中で、浮きの見本市のようにじーっとしている浮きを見つめ続けるよりは、何らかの生命反応を送ってくれる方が疲れなくて良いと思いますので、パイプトップで反応がないまま1日を過ごすより、少しでも回数多く反応を返してくれるようにしていた方が精神衛生上良いように思います。
 禅の修行宜しく手も足も出ない達磨大師を演じるより、カラツンであろうとも合わせる動作をしている方が私的には好きなので、誰も当たりが出ない中をひたすら合わせていると、当たりますか?って聞かれてハイ毎投当たりがでますなんて言ってみたいじゃないですか(笑)。


 ということで、浮きのお薦めは(冬期)
 胴の素材は、羽根でも葦でも良いが胴に張りのない細目のツチノコタイプ
 トップは、ムク素材
 足は、竹でもカーボンでも良い
 オモリ負荷の少ないもの


 このタイプの浮きでの注意点がもう一つあります。それはなじみ巾が大きく出すぎてしまうことです。なぜだか知りませんが、なじみ巾が大きすぎると当たりが出ません。極力なじみ巾を少なくする工夫をして当たりを出すことです。


 次の釣行は初めからこのタイプで挑んでみますが、逆光だと全く見えなくなってしまいますのでスコープ必須ですね。
 本心としては、ムクトップより細パイプを使いたいのであります。ハイ




 1月20日(日)雨のち曇り・・こんなもんか

 いつものように淀の釣り天狗池へ。今日は日曜大会の日ですが前日の試し釣りで何とか格好が付いたので、その再検証も兼ねての釣行となりました。
 ただ朝から雨模様でもありましたので、屋根の下に荷物を置くと便利なために小池に陣取って戦闘開始と相成ったわけですが、なんと全く当たりを返してきません。水温を測ると11度近くありますので、全く駄目な状態とはいえないはずです。
 向かいに入った釣り人はポツポツと忘れた頃に釣り上げられているのですが、1時間全く当たりを返してこない状態が続きました。
 う~ん・・・これは困ったと諦めムードが漂います。これでは移動したいとお尻もムズムズしてきます(笑)。
 大池に入っている知り合いに声を掛けると既に8枚釣り上げているとのこと。


 移動!!


 19日に入ったとなりの枡へ移動することにします。ここであれば小池で使っていた竿の長さがそのまま使えますので、また雨の中を一から仕掛けを用意する面倒を省くことにしましたが、こんな所にもものぐさな性格が出てしまいます。


 ヘラブナ釣りに面倒は禁物とあれほど理解していたにもかかわらずこの体たらく(笑)


 というわけで再度戦闘開始です。先ずは水温確認をしますと12度やはり1度高い様子で前日と変わっていません。
 これは釣れると変な確信を持つのですが、向かいに入っている釣り会の人達は釣れないとぼやいています。アレ?釣れてないのかぁ??
 聞き耳を立てていると半数の人達がボーズらしい、なんや釣れてないやんと気持ちも沈んでいきます。


 しかし、せっかく移動したのですから釣り合えずは打つべし打つべし打つべしと仕掛けの投入を繰り返します。
 やっとやっと生命反応が出だしました。よしよしとほくそ笑んでいたのですが、実際に釣れるまでまた時間を有してしまい、なんと移動して釣り開始から1時間後にやっと釣れました。
 その後もテンポ良く打ち続けて食い気を誘うと頑張ります。途中思い出良き餌を登場させてみますが反応は良くありません。やはり前日試した餌にまぶし粉のコンビが良いようです。ただそれでも正解とまでは言い切れない状態でしたので、もう一つ今の時期ではどうかと思うのですが、最盛期に試している方法も採ってみました。


 アラ不思議、当たりが出るではないですか、その後毎投毎投当たりが出るではないですか。
 小さな黒線当たりに一節当たり、二節当たりにモタレ当たり消し込み当たりまで送ってくるではありますが、それも毎投毎投当たりを返してきます。
 これは調子が良い!!といいたいのですが全てカラツン(T.T)


 何でやねん!


 20分の1程度の確率で乗るのみで、余りにもカラツンが続きます。終いにはハリス切れも2回も演じてしまう体たらく、知らず知らずのうちにチカラが入っていたようですが、会心の当たりに会心の合わせで釣れて来るもサイズが伸びず、せっかくの日曜大会に登録出来ずと悲しい結果となってしまいました。


 今回の釣行で確認出来た点あります
 ○先ずは先日と同じ浮きをパイプトップからムクトップに変更し同時にショート丈のボディに変更した事で当たりが頻繁に出るようになった
  これで感度が良くなって当たりが出やすくなった


 ○ハリスが細い方が当たりが良く送ってきた
  ハリス切れを起こしたので0.1号太くすると当たりが止まってしまった


 ○オモリを軽くした
  当たりが頻繁に出るようになったか、感度が良すぎて食い当たり以外も当たりと間違うような当たりとして出てしまった。


 ○まぶし粉の魚粉率を減らしたペレットを使用したことで寄りが良くなった
  反面真冬にもかかわらず寄せすぎて上ずらせてしまった
  
 ○まぶし粉の量を減らした
  押さえを併用しないで剥がれを良くしたことで当たりまでの時間が短くなった
  寄りが良いので当たりが出やすくしたが盛期のような食い込みに至らなかった


 ○上ずらせて糸ズレを誘発
  やはり底に向かせる努力もすべきでした、ついつい寄せを優先させてしまいました



 次週はもっと寒くなるとの予報が出ていますので、益々釣り難い状況になることが想像出来ます。
 今回のことを踏まえて、もう少しオモリが乗る浮きを利用することで、当たりを若干殺すことも必要だったようですが、パイプトップとムクトップの違いであれほどの当たりの違いが出るのかと、改めて認識した1日でした。
 ただ当たりが出ているのを止めようとする工夫には、どうしても出来ずに当たりが多いことを優先し続けてしまいました。
 再度考え直す点も踏まえて次の釣行に挑みましょう。
 さて、どんな結果となりますでしょうか。



 大助は単なる偶然の結果だ!!
  
 と思うのですが、あの大西名人は他の大会に参加されていたのですが、3匹長寸大会で終了間際に規定の3枚目を釣り上げただけでトップを取って行かれました。
 なんという強運でしょうか。運も実力のうちとはいいますが、、、、、私にはつくづく実力がない事を実感してしまいます。
 小池にて当たりが出ないことで大池に移動してしまいましたが、何のことはない小池の方が圧倒的に大助が出たのです。
 移動が裏目に出たのかどうかは別として、大助が釣れるよりもうある程度の数を釣りたいと思うのです。そして大助が釣れるのは単なる偶然や!って叫ぶのであります(笑)


 いつか釣り大会を完全制覇してやるぞ・・・オーーッ!

 1月19日(土)晴れ・・・試し釣り

 ここのところ全く良いこと無しの釣果でしたので、土曜日にわざわざ行くのもどうかと二の足を踏んでいたのですが、今の貧果を改善をしたくて試し釣りに行ってきました。
 結果は少し改善の兆しが見えてきました、初釣りは別としても今年に入ってからは一桁の前半という泣きたくなるほどの貧果に悩まされていたのですが、それは今までの好調だった仕様で釣り続けていたのです。
 それが突如ヘラブナから拒否される事となり貧果の憂き目に会うこととなっていました。何が原因かと探りながら釣り続けていたのですが、今回は根本的に変更して取り組むこととしました。
 ただまだ確定的な仕様とはなっていませんので、1つずつ手探りで試していく事となります。
 先ず初めは仕掛けそのものは変更なくうどんとまぶし粉を変えてみます。う~ん・・生命反応が乏しいです。隣の枡では快調に釣られている釣り人がいますから、池の状態としては、釣れないわけではないはずです、焦りそうになりますが今日は勝負の日でもありませんので、冷静に冷静に対応していくこととします。


 そうそう朝一番に水温を測りましたが今日も12度ほどあります。先ずは一安心と思ったのですが、今までの釣れない池の状況となんら変わらないのです。


 1時間経過・2時間経過・・・2枚(T-T)。。変わらない・・・


 先ずは針をワンサイズ小さくしてみます。同時に浮きを羽根のパイプトップから葦のムクトップでオモリが余り乗らないタイプに変更してみます。
 直ぐには改善された感覚はありません。浮きを再度慎重に慎重にオモリ調整と浮き下を合わせ直します。おっ!直ぐに反応が出ました。
 たったこれだけで変わるのでしょうか。いえいえまぶし粉も変えています。ただまだ食い当たりに繋がらなくてカラツンとスレ。
 今まで生命反応すら乏しかったことを思うと歴然とした違いです。ヘラブナの寄りも良さそうです。これはまぶし粉の変更した功績でしょう。
 そこで今まで良かったいや今のところ悪かったまぶし粉を再登場させます。アラ!綺麗な当たりを返してくるではないですか。
 そこで今回試しているまぶし粉は短スに再登場させたまぶし粉を長スにつけてみました。ハイ釣れました(笑)
 う~ん・・・なんかよくわかりません。確かにとても小さな当たりを返してくることもあります。いま当たりがあった?と思うような浮きの振れかと思う程度の当たりです。
 しかし半信半疑合わせてみるとノッテいるではないですか。


 後半風が強くなりオモリを軽くしているので振り込みし難くて仕方ない。それも向かい風や斜め前、真横と風の向きが一定しませんから大変です。
 といって始めに使っていた浮きに戻すのもどうかと思いますので無理して釣り続けました。
  結果的に20枚の釣果となったのですが、なかなか快調な時もありましたから明日もう一度試してみなければわかりませんが、なんとなく今回のまぶし粉は良さそうに思います。
 ただ午後からの方が良い感触でしたから、水温も少し上昇していたのかも知れません。また周りの釣り人をなんとなく観察していたのですが、それほど釣れているようには思わなかったのです。その中で両隣の釣り人は比較的調子が良さそうですから、なんのことはない入った場所が良かっただけかも知れません。


 明日もう一度確認してみる必要がありますが、同じ場所に入るのか全く別の場所に入るべきか、仕掛けにうどんそしてまぶし粉を試す意味では、場所変更した方が良いのかも知れませんね。



 今回の変更点
 浮きをパイプからムクへそして羽根から葦へ。
 針を1サイズ小さく
 ハリスを1サイズ細く
 道糸は2サイズ細く(細くしても流れで軽い浮きを1メモリ沈めてしまう)
 うどんを2回り小さく
 まぶし粉は大粒と細粉そしてマッシュ


 さて、明日は雨模様。。どうなることでしょうねぇ
 

 当たりが出せないのは何が原因か

 年間を通じて良く釣る人は別として、釣行毎に釣果の差があるのはどうしてでしょう。季節による違いはあるでしょう。水温天候による違いもあるでしょう。ですが年間を通じて良い釣果をあげる人がいるのも間違いありません。これはいったい何が違うのでしょうか。


 そんなの腕の差や!なんて一言で切られるとお終いです(笑)。


 何かが違うから釣果の差が出てしまうのだとは思いますが、根本的に当たりが出せる出せないもあります
 当たりさえ出れば何とかしようがあるとの意見を良く聞きます。わたしもついつい口にしてしまうのですが、その当たりすら出せないところに根本的な原因が何かあるはずです。
 その原因を想像してみると次のようなことが考えられます。
1.餌に問題がある場合(両うどんの場合)
 ・種類が合っていない(わらびうどん/食用うどん)
 ・柔軟性(堅さや柔らかさ)
 ・サイズが合っていない(食欲の差)
 ・時期にあったまぶし粉を使っていない(興味を引く度合い)
 ・まぶし粉の剥がれが合っていない(適した時間に剥がれない)
 ・まぶし粉のサイズが合っていない(水中の漂い方)
 ・まぶし粉の構成・種類が合っていない(興味を示しかた)
2.ハリスに問題がある場合
 ・ハリスの太さが合っていない(水の抵抗による餌の落下速度/視認性)
 ・ハリスの長さが合っていない(ヘラブナに対するアピール度)
 ・ハリスの段差が合っていない(食べやすさ)
3.道糸に問題がある場合
 ・太さが合っていない(風や波や流れで流されている)
 ・水中に沈んでいない(合わせが効かない)
 ・浮力の差(浮きをオモリ以上に沈めてしまう/浮かせてしまう)
4.浮きに問題がある場合
 ・浮力が合ってない(浮力と餌のバランス)
 ・調整不足(浮きバランス/オモリバランス)
 ・感度不備(感度が良すぎる/鈍すぎる)
5.針に問題がある場合
 ・重さ(重すぎる/軽すぎる)
 ・サイズ(吸い込みに合っていない)
 ・針バランス(短ス長スの針バランスがズレている)
等々色々とあるはずですよね。


 そしてもう一つ、それは当たりの見定め方でしょうか。実は当たりが出ているにもかかわらず、当たりと認識出来ていないために当たりが出ないと思う込んでしまっている場合があることです。
 ある人の浮きを見ていて、当たりが出ているにもかかわらず合わせをしない方がいます。小当たりだから合わせないのかどうかは知りませんが、明らかに当たっているにもかかわらず合わせないのです。盛期であろうが冬期であうろうが、黒栓の半分以下の当たりでも上唇センターで釣れてきますから、どんなに小さな当たりであろうとも、フシがあれば合わせるべきだとは思うのですが、しっかりと1節入る当たりを待ち続けているようです。
 それでは確かに1日の中で当たりの数は少なくなってしまうでしょうし、釣果も減るに違いないと思うのです。勿論そんな小当たりを出させていること事態がセッティングの間違いかも知れません。冬期であろうとも1節しっかり入るツン当たりを出させてこそ、釣技が優れていることになるのでしょうが、私の実体験によると、1日の釣行時間の中で綺麗な節当たりも出ますが、今のは当たりやったかぁ?って程度の半信半疑の当たりでも乗ってくることが多々ありますので、どんなに小当たりでも合わせる方が良いのではないかと思うのです。


 ある人は戻してツンと入る。それが底釣りの当たりや!と豪語されるのですが、1日の釣りの中でそのような当たりが出ることはとても少ないのです。グルテンや団子などと違い、うどんはカチっと入る当たりが多いように思いますので、戻してツン当たりを待っているといつまでも釣りにならないと思うのですが、底釣り典型のそんな当たりを皆さん出されているのだとすると、根本的に私のセッティングは間違っていることになります。


 頭でっかちな理論的な釣りとして向き合うより、全ては実戦経験であり上手い人に教えを請うほうが断然良いとは思うのです。釣りクラブに入られている人などは、そのようにして釣技を伸ばされていることでしょう。ですが教えられて腕を上げるのはお稽古事の範囲でしかないわけです。
 手習いと見習いとの言葉があります。手習いは、まさにお稽古事で手取り足取り教えて貰う方法で、月謝を払って教えを請うのが手習いですが、職人の世界は見て覚えろといわれるように、手取り足取りは教えて貰えません、技を見て盗む事で生長するのですが、手習いとの違いは単に教えを請うかどうかではなく、見習いは見て覚え自分のものとして発揮するのが職人の技の世界でしょう。
 別にヘラブナ釣りが職人の世界とはいいませんが、人から教えを請うことで釣果を伸ばせたとしても、それは一過性のことで1年を通して釣果をあげることは出来ません。それは臨機応変な対応が取れないからです。
 人から教えて貰った事でその日は釣果を延ばせたとしても、1ヶ月後も良い釣果をあげられるとは思えないのです。
 単純に仕掛けなどの初歩は教えて貰った方が早いのですが、臨機応変な対応こそ自ら考えて理解した結果ではないと思うんです。


 なんて偉そうなことを書いていますが、私などは手習いすら出来てない自己流ですからいい加減な話です(笑)。
 なんやかやと先人の残したことを否定して、唯我独尊状態では釣果は伸びないですよねぇ。
 でも真似すらしたくないのは、たんなるへそ曲がりだって事ですハイ


 



 床釣りのポイントの見定め

 釣り座を1度決めると余程のことがない限り移動はしないでしょう。ウロウロすると嫌われてしまうことも多々あると思いますが、大会となると当然固定釣り座となるのは間違いありません。
 そこで宙釣りならまだしも床釣り限定池での釣りの場合で、もし利用する尺数の床が荒れていたらどうでしょう。
 明らかなオダがある場合は、ほんの少し横に打つことで解消するのであれば、良いポイントかも知れませんが、隣の釣り人に迷惑を掛けるほど移動しなければならない場合は、即刻尺数の変更をする対策を取ることでしょう。


 では、単なる凸凹のある底の状態だとするとどうでしょう。大きく差がある場合では、15㎝程度でしょうか。少しの差の場合は5㎝程度から10㎝程度の範囲だとするとどうしますか。
 その状態として前後の傾斜の場合もありますし、左右の傾斜もあるでしょう。波打っているだけかも知れません。広い範囲で変化のある場合もありますので、なかなか判断は難しいとは思いますが、釣り座のポイントが掘れているのか馬の背になっているのか。それとも大きく傾斜している底なのか頂点なのか。
 どのような状態なのか判断するためには、初めに床取りをする段階で底の状態を確認する必要があると思うのですが、仮にポイントの左右30㎝の範囲に打ち込めるとして、沖底の場合や風が強ければなかなかそれも難しいのですが、その範囲内で床が掘れているか盛り上がっているなどの違いがあったとすると、どこに打ち込むのが良いのでしょう。


 一般的には盛り上がっているところより凹んでいるところとの意見が多いように思います。それは打ち込んだ餌が底に溜まるからでは無いかと想像するのですが、反対に盛り上がっている所の方が、底が綺麗で餌が見つけやすいのではないかとも思うのです。
 盛期のヘラブナの食い気が旺盛なときは、少々ズレていようが食ってくると思うのですが、食いの渋いときは底の状態も影響するのではないかと思うのです。


 水温は、綺麗な層になっている場合があります。その昔に海などで泳いでいるとある層から急に水が冷たいと感じたことがあると思いますが、管理池や釣り堀でもその例外ではないと思うんです。噴水や水車で攪拌されていたとしても、その影響がどの程度まで広がっているのか、また釣り出す時間になると浮きが見にくくなったり水流が起きていては困りますので、攪拌機を止めてしまうところも多々あります。
 止めれば直ぐに層になるとは思いませんが、攪拌機や噴水で池全体が掻き回されているとは思えないので、ある程度は水温差のある層が出来上がっているはずです。
 その点をあえてこじつけて考えるとすると、凹んでいる所より馬の背の方が水温が高いのではないかと想像することが出来ます。
 また、大きな鍋底型に凹みがあるとすると、寄り盛り上がっている場所の方が良いような気もしてくるのです。


 私のホームグラウンドの淀の釣り天狗池では、波除けパイプが設けられています。大凡2人程度が入れる範囲で仕切られているのですが、波除けパイプの下が盛り上がっている傾向にあります。どうしてそうなったのかわかりませんが、水面上にある波除けパイプによって、水底にまで水流の影響を受けたと想像出来ます。
 その波除けパイプの下が盛り上がり中心に向けで鍋底のように深くなっている構造になっています。


 一概に盛り上がっているところが良いとはいえないのは、あるとき同じ枡で両サイドの波除けパイプ付近をポイントとして釣り続けていた人より、波除けから離れた真ん中辺りをポイントとして釣りを組み立てられた人の方が、遙かに釣果を伸ばす事がありました。
 これなどはまさに水温の差か底の状態の差かわかりませんが、同じ枡の中での違いを見せつけられた現象です。
 通常ヘラブナは、池の縁や浮き桟橋の下などに集まりやすいのですが、波除けパイプの下にも集まる傾向があります。その為に波除けパイプ付近をポイントとして釣られる方が多いのですが、それを完全に覆す事が起きるのです。
 実は、このようなパイプ際より真ん中辺りが良い釣果が出るのは、真冬だけでなく通年ではあるのですが、常に起きるのなら波除けパイプ際より真ん中がポイントと断定出来るのですが、時と場合によってのみ起きる現象なんです。これはいったい何が原因でおきてまうんでしょうね。


 水上ではわからないことが水中で起きていると思うのですが、色々と迷うポイントは多数ありますので、朝一番にこれと決めつけないで臨機応変に対応を取る必要があると痛感させられます。
 そういう意味で、左右の差、前後の差、床の凸凹の差、釣行した池の今の状態を把握して、粘り続けるのも方法ですが、どこかで見切りを付けて攻めるポイントを変えてみるのが良いのかも知れないですね。