両うどんのヘラブナ釣り  天釣会のブログ

京都「淀の釣り天狗池」のヘラブナ釣り愛好会

京都 淀の釣り天狗池

 京都府 淀の釣り天狗池 天釣会 日曜大助大会 12月9日(日)曇り時々晴

 日曜日の1匹長寸大会をいつものように京都府淀の天狗池にて開催しました。はっきりいってもう懲りた(T-T)と言いたくなる結果でした。


 急な冷え込みがあったので朝一番に水温を測ってから仕掛けを作り出したのですが、大池ではなんと14度もあったのです。小池もついでに計ると13度と殆ど同じ結果となりました。
 じゃ大池の方が長竿が楽しめますので、大池に釣り座を取って釣り出すのですが、午前中はなんとか釣りが成り立つ程度の当たりを送ってくれ、一番始めに検寸することも出来て37.2㎝を釣り上げ、さい先の良いスタートを切ることが出来ましたが、私を追っかけるように釣り上げたのが川久保さんで37.9㎝と7mm差で首位を奪われる。
 その後、誰も更新することなく釣り続けることとなったのですが、昼前になって39.2㎝を釣り上げ首位を奪還!!これで午前中は終了となったのです。

 少しは、今日は渋い釣りなので40㎝を超えていないけれど、案外トップが取れるのではないかと、内心思っていたのですが世間はそうは甘くありません!!


 お昼過ぎになって隣で釣っている女性が40.1㎝の大助を釣り上げて首位に躍り出る事になったのです。


 今日はコレで決まりかと思っていたのですが、前出の川久保さんが43.0㎝を釣り上げてトップに返り咲きすることになるのですが、話はここで終わらないのです。


 その後木村さんが40.4㎝を釣り上げ、続けて竹市さんが41.5㎝を釣り上げる。もうコレで1位川久保さん2位竹市さんで決まりと思っていたのですが、あの!!あの常勝大西名人が終了間際になって42.5㎝を釣り上げてきたのです。


 ただ大西名人、やはりただ者ではなく時間外になったのですが、40㎝オーバーを3枚も釣り上げ尚かつ上がりベラとして尺半の45㎝を釣り上げて見せたのです。


 これはもう事件です!!


 今日は釣り座規定がありませんでしたので移動可能だったのですが、釣れない釣れないと釣り始めから3度も場所替わりをして、最後の4場所目で大助を3枚揃えてきたのです。
 もう開いた口がふさがりません!!
 はっきり言って誰も太刀打ちできません!!


 ってことで1匹長寸大会の結果は川久保さん1位で終了しました



大会結果


 1位 川久保   43.0㎝  賞金 2000円+池から1000円+金券100円
 2位 大西    42.5㎝  賞金 1000円+池から金券400円(時間外含む)+賞品



 参加者
 菱田
 竹藤
 田中
 木村   40.4㎝
 竹市   41.5㎝
 大西   39.3㎝ 42.5㎝
 三上
 川久保  37.9㎝ 43.0㎝
 松本 淀
 村田   37.2㎝ 39.2㎝
 村田 女 40.1㎝


 結局、今回も40㎝オーバーの大助を釣り上げなければ競争には残れないのです。こんなにレベルが高くなり過ぎると、全く太刀打ちできません!!!(T-T)
 またなにか対策を考える必要が出てきそうです、、、う~ん・・・・どうしましょ



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。